学資保険の人気商品口コミランキング

学資保険口コミランキング

学資保険は子どもの教育にかかる費用に充てる為の保険のことで、大学進学や留学などが予定される年齢が満期になるように設定し、それまでの間、毎月保険料を納めていくというもので積立金のようなものですが、その途中でお祝い金が出たり、病気や事故に際して補償がされたりというオプションがついている学資保険もあります。

学資保険の返戻率とは?

返戻率とは、保険が満期になった際に受け取れる保険料の額のことで、掛けた保険料の総額よりも満期に受け取れる金額の方が大きければ返戻率が高いことになり、少なければ返戻率が低いということになります。
学資保険には、親に万が一のことがあり、途中で学資保険を続けられなくなっても、子どもの教育費は保証される、病気や事故の際に補償が付くといったような保障型の学資保険の場合、満期になった時に受け取れる額は、保険料の支払額よりも少なくなってしまいますので、返戻率の低い学資保険であり、事故や病気に対する補償が付かない保険は、満期に受け取れる額が払込み総額より多いので、返戻率の高い学資保険であるということなのです。

学資保険の選び方

学資保険は、学費の為の貯蓄や積立金に万が一の時の補償が付く返戻率の低いタイプと、中学や高校の入学に際してお祝い金が支払われる他は、ほとんど銀行への貯蓄と変わりはないが、返戻率の高いタイプがありますが、実際にはどちらのタイプを選ぶべきなのでしょうか?
万が一のことが無ければ、貯蓄タイプの学資保険にした方が、家計の助けになります。
返戻率が最も低くなる学資保険は、親に万が一に事があり、学資保険を祓い続けられなくなった時に、子供の教育資金は確保されるという補償のついた保険ですが、学資保険以外にも手厚い保障のついた生命保険などにも加入している場合には、学資保険は貯蓄型にしておいても良いのではないでしょうか?
反対に、貯蓄が少ない、生命保険もそれほど手厚い補償が付いているものではないというような場合には、親に万が一のことがあった倍、子供の教育資金が途切れてしまう恐れがあるので、保証型の学資保険を選んだ方が安心だと言えます。

まとめ

子どもの教育には、多額な費用がかかりますので、学資保険は大きな助けになります。
この学資保険を選ぶ時には、どのようなタイプの学資保険を選ぶことが子どもの教育を途切れさせないで済むかということを、貯蓄の額や親の入っている生命保険などと併せて考慮し、できるだけ元割れしないタイプを選ぶことが効率的な学資保険の選び方です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です