保険相談は口コミランキングで選ぼう!

保険相談について

保険相談というのは、無料で受けることのできる保険選びの為の相談窓口で、複数の保険会社の保険商品を取り扱っている保険代理店のことです。
保険は長期間にわたって払い続けるものであることから、非常に高額な物なのですが、実に様々な種類があり、内容が理解しにくいことから、決して好条件とは言えないような保険に加入してしまっている人も少なくありません。
保険の内容をより良く理解し、自分や自分の家族にとって有意義な保険に加入する為には、保険相談を受けることが手軽な方法です。

仕組みから考える保険相談の選び方

保険相談が無料で受けられる理由は、保険会社の勧誘員と、保険相談の相談員の違いにあります。
保険会社の勧誘員は、個別の保険会社に雇われており、個別の保険会社の保険商品を販売することが目的ですが、保険相談の相談員は特定の保険会社に雇用されているわけではありません。
保険相談の相談員は保険相代理店に雇用されているファイナンシャルプランナーです。
多くの保険会社の保険商品に対する知識があるファイナンシャルプランナーは、多くの保険商品の中から相談者やその家族に最適な保険を公平な立場から選び、契約が決まった際に保険会社からの謝礼を受け取るという仕組みになっているので、無料で相談の応じ、特定の保険商品を勧めることが無く、適切な保険商品を選んでくれるのです。
ただし、現在たくさんある保険相談の中には、公平を謳っていながら、実は特定の保険会社の保険商品を勧めてくるという保険相談もありますので、公正な相談をしてくれる保険相談窓口で相談することが大切です。

タイプから考える保険相談の選び方…訪問型 店舗型

保険相談には、訪問型と店舗型という二つのタイプがあります。
訪問型は、日時を決めて、自宅や自宅の近くの喫茶店などで保険相談を受けるというタイプで、店舗型は保険代理店に出向いて相談を受けるタイプです。
訪問型の場合、小さな子供がいて外出しにくい、せっかく出向いても子供がおとなしくしていないので落ち着いて相談できない、仕事が忙しく、勤務時間が終わってからだと代理店の営業時間に間に合わないなどの事情がある人には便利に利用できます。
また、相談の際に必要な現在の保険証書などを自宅から持ち出したくない、家庭の内情を店舗にある窓口で細かく話したくないという場合にもプライバシーを守ることができて安心です。
店舗型はホームセンターなどにある代理店の相談窓口へ出向いて直接相談を受けるのですが、店舗によっては小さなお子さんが遊べる場所が用意されている店舗や、個別のブースが設けられている店舗もあります。

まとめ

長期間にわたって支払い続ける保険は、非常に高額な買い物であるにもかかわらず、その内容が理解しにくいことから、必要以上に高額な保険料を支払い続けているご家族も少なくありません。
保険相談は、時間の都合や家族の都合に合わせて受けやすいよう、訪問型と店舗型がありますので、相談を受けやすい方法で相談を受け、保険について見直すことが、保険料を抑え、より良い補償を受けられるようになることにつながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です