看護師の求人と転職について!口コミランキングで選ぼう!

看護師の求人と転職について

看護師とは、病気や怪我をした人が治療を受け、健康を取り戻して社会に復帰するまでの期間を安心して療養に取り組めるようにするため、診療の補助をするとともに、生活の中での援助や指導を行うことで、患者を支援する役割を担っている国家資格が必要な職業です。
以前は、病院での勤務がほとんどでしたが、近年では、社会状況の変化により、福祉士や企業での勤務や訪問看護など、様々な勤務先が増えつつあります。

看護師が転職を考えた際に求人をしている病院や会社の選び方

看護師の求人で最も多いのは、病院勤務の求人です。
病院勤務の看護師は、一般の職業より年収は多いのですが、労働環境が過酷であるということから離職率が高く、看護師不足は深刻ですので、病院勤務の求人は数多くあります。
病院勤務の場合、入院患者を受け入れる病院と、外来だけを受け付ける個人病院があり、病院によって、勤務体制が変わります。

入院患者を受け入れる病院の場合は、病院の規模にもよりますが、正規職員とパート職員での求人があり、雇用の条件が違います。
正規職員して雇用された場合には、夜勤が含まれますが、福利厚生が手厚く受けられ、ボーナスも支給されますが、パートとして雇用された場合には、勤務時間を自由に選べる、時給に換算すると正規職員より高額な給与が支給されるといったメリットがある代わりに、受けられる福利厚生が限られ、ボーナスは支給されないというデメリットがあります。
外来だけの個人病院の場合には、基本的に日曜、祝日は休みが取れ、ほぼ時間通りに勤務時間を終了することができるので、規則正しい生活を送ることができますが、入院患者を受け入れる大きな病院と違って、掃除や備品管理など、大病院では役割分担に入っていなかったような業務もする必要があります。
会社での求人には、治験コーデイネーターや、企業医務室での看護師といったものがあります。

治験コーデイネーターは、製薬会社の依頼を受けて医療機関が行う新薬の治験が円滑に進めるための役割を担う仕事で、医師や薬剤師、検査技師など治験に関わるスタッフの日程の調整や施設や検査の予約などといったスケジュールの管理、治験に必要な書類や資料の準備と治験で得られたデータの整理、治験に参加する被験者への内容説明と精神的なサポートなどが具体的な業務内容です。
看護師としてのスキルを活かし、さらに新しい分野での仕事に挑んでみたいという場合には、挑戦しがいのある仕事の一つといえます。
また、ほとんどの場合、土日や夜間の勤務が無いので、規則正しい時間帯に勤務をすることができますので、より専門的な知識を得る為の勉強をする時間もとることができます。

企業医務室での看護師は、企業の医務室に勤務し、社員の健康と精神的なケアをするという役割を担う仕事ですが、病院勤務より勤務時間が規則正しいこと、企業医務室を設置するのは大企業であることから年収が高いことなどから人気の高い転職先です。

まとめ

看護師には、様々な職場があり、看護師として働く人には様々な事情があります。
もっと勉強してより専門的な認定看護師の資格を取りたい、子育て中なので、長時間働けない、どんな条件であってもとにかく頑張って働き高収入を得たいなど、勤務条件に対する希望に合う転職先を選ぶことが、満足して仕事に専念できる生活に繋がります。

口コミランキングから選ぶのよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です