薬剤師の求人口コミランキング! 転職について!

薬剤師の求人と転職について

私達が購入することのできる薬には、ドラックストアなどで、いつでもだれでも購入することのできる一般薬と医師の処方に基づいて薬剤師が調剤する医療法医薬品があります。
このように薬剤師の仕事の主な内容は、医療法医薬品を調合することですが、それに同時に、処方した薬の内容に対する説明と正しく服用する為の指導を行います。
その為、一般の消費者に対して、医薬品を提供するだけではなく、薬についての相談を受ける、身体の状態についての相談にのる、病気の予防や健康維持の為のアドバイスをするといった身近にいる医療の相談相手としての役割を担っています。

薬剤師の転職先…求人が多いのは、調剤薬局とドラッグストア

薬局には、病院などの医療機関が指定する調剤薬局とドラッグストアがありますが、薬剤師の勤務先として最も多いのは調剤薬局です。
調剤薬局での薬剤師の仕事は、処方箋に従って調剤した医薬品を患者に提供する際に、その医薬品が副作用をおこさず、患者の実を危険にさらさず、医薬品としての効果が発揮されるように、正しく服用する方法を指導することですので、一般の人にでも理解しやすいように医薬品についての説明をすることができるスキルが必要です。

ドラッグストア内に調剤室のあるドラッグストアが増えている為、薬剤師の転職先にはドラッグストアも含まれます。
ただ、実際には調剤併設のドラッグストアとは言っても、一般医薬品や健康食品、化粧品などが主な販売品ですので、ドラッグストアでの薬剤師の仕事は、医薬品の調剤だけではなく、一般医薬品や化粧品などの販売も含まれます。
ドラッグストアでの薬剤師は、一般医薬品を購入した消費者への服薬指導とともに、症状に対する相談を受ける中で一般医薬品の中には最適な医薬品が無いと判断した場合には、医療機関での受診を勧める、薬と健康食品を同時に購入しようとしている消費者に対して、併用しても問題が無いかどうかを判断し伝えるといった役割を担うことの他に、化粧品や生活雑貨などの販売もする必要があるので、それらの商品に対する知識も必要です。

どの範囲までの仕事を任されるのか、調剤だけをする場合から、医薬品以外の商品の仕入れなど、店舗経営に関連する業務まで任される場合までドラッグストアによって様々ですので、転職を考える際には、勤務内容を確認することが大切です。

薬剤師の転職先…求人が限られているクリニックでの病院薬剤師

クリニックに常駐して調剤を行う病院薬剤師の主な仕事は、外来患者や入院患者への医薬品の調剤と服薬指導です。
外来患者のみのクリニックでは、近年病院薬剤師が減少している傾向にあり、多くのクリニックでは処方箋を出すだけになっていますが、入院患者を受け入れている病院では、高度な知識を持つ病院薬剤師が求められており、調剤や服薬指導の他に、高い専門性を求められる医薬品情報の管理や医薬品の管理、また、スタッフに対する薬剤管理指導などが業務に含まれます。

転職には、口コミやランキングも参考になる

転職するにあたり、やはり経験談というのはすごく大事な意見だと思います。
あそのこの病院やドラッグストアはこういう特徴があるとか、会社の仕組みとか非常に勉強になる事もあります。
その為、よく口コミをランキング形式でご紹介しているサイトは、是非参考にしてみてください。

まとめ

薬剤師に転職先には大きく分けて、調剤薬局、ドラッグストア、クリニックがありますが、それぞれの勤務内容は同じ薬剤師でも異なりますが、それと同時に、勤務時間や勤務する曜日、休暇の取り方、年収も大きく変わります。
今はとにかくどんどん勉強して薬剤師として高度な知識を得たい、子育て中なので時間が自由になることが大切、調剤以外の仕事はしたくない、生活雑貨などが好きなので調剤だけにはこだわらないなど、自分の現在の状況や、好みによって、最も働き甲斐がある、最も働きやすい、最も楽しく働けるといった転職先を探すことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です